信用取引とデイトレについて
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック さ行 ≪ 信用取引

信用取引とは株式投資に必要な資金や株式を、証券会社から借りて行う株式取引をいう。

証券会社に一定の委託保証金を差し入れることにより、株式や金銭を持たずに株式売買を行うことができる。

信用取引には、値上がりを期待して、資金を借りて株式を購入する空買い(からかい)と、値下がりを期待して、株式を借りて売却する空売り(からうり)がある。

小資金のデイトレではリスクが大きすぎる

デイトレードは、そもそも価格変動のある、値動きが大きい銘柄に投資し、差益を得るものである。

とすると、狙いが外れたときのリスクが大きくなるのは自明の理。

にも関わらず、証券会社から投資資金を借りて、株の売買を行うのはリスクが大きすぎる。

よって、デイトレードでは、信用取引を行わない、もしくは滅多に行わないのが望ましいといえる。