株価純資産倍率とデイトレについて
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック か行 ≪ 株価純資産倍率

株価純資産倍率は当該企業の将来的な期待可能性をあらわす。

株価純資産倍率が高ければ、将来性が期待できる会社と評価される。株価純資産倍率が低ければ、将来性が期待できない会社と評価される。

株価純資産倍率を英語でPrice Book-value Ratioといい、PBRと略す。

株価純資産倍率の詳細とデイトレード

株価純資産倍率(PBR)は、当該企業について市場が評価した時価総額が、会計上の解散価値(株主資本)の何倍であるかを表す指標である。PBRが高ければ、将来性が期待できる企業と評価され、株価純資産倍率(PBR)が低ければ、将来性が期待できない会社と評価される。

株価純資産倍率(PBR)が高く、企業の将来性が見込めるとしても、デイトレードに向かない場合がある。

すなわち、デイトレードは値動きの激しい銘柄を投資対象とするため、将来性が全く望めない場合でも、多くの投資家が株売買を積極的に行っているのであれば、デイトレードすべきである。

したがって、株価純資産倍率(PBR)の高低云々は、デイトレードには、およそ関係ない。株価純資産倍率(PBR)は、中長期投資においてこそ、考慮すべき指標であるといえる。

株価純資産倍率の計算式

株価純資産倍率(PBR)=株価÷BPS(一株当たりの純資産)