一株当たり純資産とデイトレについて
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック は行 ≪ 一株当たり純資産

一株当たり純資産とは企業の安定性を見る指標。BPSが高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになる。

一株当たり純資産は「純資産」を「発行済み株式数」で割ることで求めることができる。一株当たり純資産=純資産÷発行済み株式数

英語表記では「BPS(Book-value Per Share)」という。

一株当たりの純資産とデイトレード

一株当たりの純資産(BPS)は企業の安定性を見る指標として利用し、一株当たりの純資産額が高ければ高いほど、その企業の安定性は高いことになる。

ただし、デイトレードは短期投資であり、値動きの激しい銘柄を売買することを常とする。

とすると、企業価値の高い安定性は、値動きの漣(さざなみ)を抑えるものであり、デイトレードで売買すべき銘柄だとは言えないことになる。

ただし、中長期の株式投資であれば、BPSの高い銘柄に投資すべきといえる。