押し目買いとデイトレについて
株(デイトレード)編 ≪ デイトレ用語とテクニック あ行 ≪ 押し目買い

押し目買いとは株価が上昇後、利益確定のため一時的に株価が下落する場合があり(押し目)を、そこを狙って株を買うことをいう。

押し目買いとデイトレード

押し目買いは、調整後、株価が上昇することを見込んで、買い付けるテクニックである。しかし、そこでさらに株価が上昇する、という保証は全くない。そこで、上昇していた株が調整局面に入り、値を下げたときの対処法を自分なりに以下まとめる。

まず、すでに同銘柄を保有している場合、少しでも値を下げたら損切りをすべきである。なぜなら、デイトレードは、数秒の判断が成否を分けるのだが、調整局面からの値動きを分析している暇がないからである。「下げたら売る」再び上がれば買えばいい。

次に、同銘柄を保有していない場合、下げている株は買わない。なぜなら、順張りしかしないからである。買いが入り、株価が上向けば、そのときに買えばいい。要は、株価の上昇するパワーが強いか?弱いか?を板情報で判断することが大切である。